れんげ の ごとく。 Renge no Gotoku (レンゲノゴトク)

担々麺専門 麺香れんげ

れんげ の ごとく

歌詞サイトの曲の歌詞は「通常の印刷方法(Ctrl+P)」では印刷不可 JPOP曲の歌詞サイトはいろいろあります(、等)。 で、どの歌詞サイトでも曲の歌詞は表示・閲覧はできますが、歌詞の印刷は出来ないようになってます(歌詞の著作権的なことが理由です)。 歌詞サイト以外のたいていのWEBサイトならば、印刷したいページをPCのブラウザソフト(Chrome・Edge・Safari等)で開いて、キーボードの「Ctrl+P」を押せば、普通に印刷プレビューが表示されて、見た目通りにページ印刷することが可能です。 歌詞サイトの曲の歌詞を印刷する方法 Excel&スクリーンショット編 「じゃあどうやったら歌詞サイトの曲の歌詞を印刷できるのか」というのが今回の本題です。 やり方は多分いろいろあると思うんですけど、今回は自分が昔からずっとやっているやり方を紹介したいと思います。 簡単に言うと 「歌詞ページをスクリーンショットしてExcelに貼り付ける」というやり方です。 1 Excelを起動 まずExcelを起動します。 自分のPC Windows 10 のExcelのバージョンはExcel 2010ですが、それ以外の新旧バージョンでも同様の操作は可能です。 Excelが起動して、空のワークシートが開きました。 2 歌詞ページでスクリーンショット「PrintScreen」 その後、ブラウザソフトで歌詞サイトの印刷したい曲の歌詞ページを開きます。 これでこの歌詞ページの画面をコピーした状態になります。 これで先ほどスクリーンショットした歌詞ページを「図」としてExcelに貼り付けられました。 4 貼り付けた「図」をトリミングする 次にスクリーンショットで貼り付けた「図」をダブルクリックします。 するとExcel画面上部のタブとリボンと呼ばれる部分が「図ツール — 書式」に切り替わります。 そしてリボンの右側にある「トリミング」をクリックするとメニューが展開するので、その中から「トリミング」を選択します。 すると、スクリーンショットで貼り付けた「図」の上下左右に「トリミング用ハンドル」が表示されるので、マウスでハンドルをクリック&ドラッグして内側に動かして、印刷に不要な部分を削除していきます。 今回は下記のような感じで左右と下をトリミングしました。 最後に空白セルをクリックしてトリミング操作を完了します。 トリミングした結果、左側に余白が空いたので、図を選択して一番左までドラッグ操作で移動します。

次の

やる夫 ANK れんげと神様

れんげ の ごとく

仏教のシンボルの花は<蓮> 極楽の絵には蓮の花が描かれ、 仏さんは蓮の花の上に座られています。 ではなぜ極楽に蓮の花が咲いているのでしょうか?. それは阿弥陀経(あみだきょう) というお経に書かれているからです。 仏教のシンボルの蓮には、 五つの徳が備わっています。 この五つの特徴を私達が持てば、 極楽に生まれることができると言われています。 蓮華の五徳(れんげのごとく) 1 淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく) 2 一茎一花の徳(いっけいいっかのとく) 3 花果同時の徳(かかどうじのとく) 4 一花多果の徳(いっかたかのとく) 5 中虚外直の徳(ちゅうこげちょくのとく). 1 淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく) 蓮は泥の中で育つけれども、その泥に染まることなく、綺麗な花を咲かせます。 私達もどのような厳しい環境にいたとしても、 心の中は清浄に保てるということを表しています。 2 一茎一花の徳(いっけいいっかのとく) 蓮の花は一つの茎に一つの花を咲かせます。 あなたは唯一無二の存在です。 誰の代わりでもありません。 自分自身をしっかりと持って、人生を謳歌しましょう。 生まれた時から、すでに誰にでも仏の心が備わっています。 仏の原石は備わっているので、きちんと磨きましょう。 ここで重要なのは、植物学的な正しさでなく、そんな事を思わせるぐらい 蓮の花は神秘的だということです。 4 一花多果の徳(いっかたかのとく) 一つの花には沢山の種ができます(写真)。 自分の悟り(開花)が沢山の人を幸せにできます。 お釈迦様もご自身が悟りを開かれた後、 生涯、その悟りを人々に伝え歩きました。 だから仏教として今に伝えられています。 5 中虚外直の徳(ちゅうこげちょくのとく) 蓮の茎は外は硬いが、中は空洞です(写真)。 その茎が太陽に向かって一直線に伸びます。 「私が、私が」という我を空にして、 しっかりと悟り(太陽)へ向かう努力をしましょう。 以上、蓮華の五徳です。 この五徳を実践すれば、あなたは極楽に生まれる事ができます。

次の

【のんのんびより】見た目は大人、中身は子供!一条蛍の秘密!

れんげ の ごとく

【「れんげ荘」シリーズに関する記事】• しかし、キョウコも、お隣のクマガイさんもチユキさんも、時が止まっているかのごとく、ゆる~い生活を続けている。 長袖のTシャツのうちの一枚が脱げるようになった。 次にレギンスを脱ぎ、もう一枚着ている長袖Tシャツが脱げれば、心地よい季節となるのだ。 脱皮と同じだ。 昆虫は脱皮して成虫となっていくが、 「私はただ年を取るだけよね」 キョウコはまた苦笑した。 それでも勤めを続けているよりは、今のほうがはるかにましだった。 (5ページ) 安定の変わっていない感だ。 見回りの新米警官との会話も、同じ側の人間にとっては共感しまくり。 「ご職業は」 またきたとキョウコはぐっと言葉に詰まった。 「無職です」 「はあ? あ、ああ、無職ですか……。 はー、それは何か理由があるんですか」 彼は素直に疑問を持った目で、キョウコを見た。 「ええ、それはいろいろと」 「あのう、でも生活はどのように……」 「貯金を崩しているんです」 「ああ、貯金をねえ、はああ、そうか、それだったら働かなくてもねえ、うーん、ああ、なるほど」 (15ページ) 貯金生活に入って何年もたつはずなのに、いまだに答えに詰まるのは、答えたところで理解してもらえないから。 何も悪いことをしていないのに、この後ろめたさは、一体なんなんでしょうね。 世の中のイメージというのは、恐ろしいものだ。 以前勤めていた、社会的に名前が通っている会社で働いているというと、実際は会社の人間関係や仕事で疲弊していたのに、優秀で溌剌とした女性のように誤解される。 そのときに比べれば、収入はゼロになったにせよ、はるかに体調もよくなって、精神的には満足しているのに、気の毒な人生を送っているかのように思われる。 社会というか人が無意識のうちに決めている、年齢と仕事とか、住居の広さとか、それからずれていると、不幸だといわれる。 人間の心は昔のまま進歩もなく、枠に入れたり、枠に入っていると安心といった感覚のままなのだ。 (106ページ) ここまで早期リタイア者の心を活写する群ようこは、本当にすごいわ。 ただキョウコも、このまま活動的でない人生を過ごすことに、疑問を感じていないわけではない。 学生時代からの友だちで、高校の先生のマユちゃんは、 「パートタイムで働けば」 といったけれど、働く気はない。 (中略)学校を卒業して会社に就職し、会社や同僚、男女の裏も表も知ってしまい、心底疲弊してしまったので、働くのはいやなのだ。 (中略)働く気になれるのは、一日、三時間程度だ。 そんな短時間労働が許されるのかはわからないが、一日、二千円を稼ぐために働くのであれば、そうしないで本を読んでいたい。 「その少ない賃金でも、塵も積もれば山となるのである」 とマユちゃんはいうのだが、その塵にも山にもキョウコは関心がなくなっていたのだ。 (30ページ) このあたり、すごくよくわかる。 お金はあったほうがいいものだけど、その優先順位はもうそれほど高くはないのよ。 確かに、塵を稼ぐために時間を費やすぐらいなら、本を読んでいた方がずっといい。 このキョウコの迷いに対し、人生の先輩クマガイさんの助言は、とても頼りになる。 「働く必要はないんじゃないの。 ちゃんと計画してお金を遣っているんでしょう」 「はい、今のところ枠内に収まっています」 「じゃあ、お友だちの意見はありがたく受け止めておいて、今のままでいいんじゃない。 働く気がないのに働くのはよくないでしょ。 本当に働きたい人の場所を奪ってしまうし」 (44ページ) 「会社をやめた直後は、テンションが上がっているから、そのまま突っ走るけど、少し落ち着くとその当たり前になった生活が、不安になってくるのかもしれないわね」 「不安を突き詰めて悩みすぎると、体の具合が悪くなったりするし、不安になったらその考えをとりあえず受け止めて、深呼吸を二、三回するか、外を歩いたらなんとかなるものよ。 もし何かあったとしても、周囲の人が手を差し伸べてくれるわよ」 (46ページ) 「自分でもう結論は出しているんじゃない。 ただ自信が持てないだけでしょ」 「そうかもしれません」 「手持ちの資金がゼロになったわけでもないんだし、もしそうなったとしても、生きる術なんてたくさんあるわよ。 (中略)あなたは大丈夫。 自信を持って」 (47-48ページ) すごいわ、哲人クマガイさん。 うちの隣りに住んでほしいぐらいだ。 いろいろ悩み続けたキョウコは、ついに悟りの境地へ。 今の生活になってよかったことを考えてみた。 寝付き、寝覚めがとてもよくなった。 体調がよくなった。 妙な汗をかかなくなった。 目の下のくまがなくなり、老けた感じが薄れた。 それによる仕事相手の印象をよくするための化粧をしなくてよくなった。 服装や靴も窮屈なのを身につけなくてよくなった。 会社の嫌な奴らと一生、付き合わなくてよくなった。 母と顔をつきあわさなくてよくなった。 次から次へと出てきた。 (129ページ) これは、早期リタイアした社会的マイノリティだけが知る、人生の真実だ。 このことに気づいたキョウコに、祝福の拍手を捧げたい。 セミリタイアブログでもやれば、人気ブロガーになること間違いなしだ。 本作では、タイトルのとおり、ネコとキョウコのほほえましい交流が描かれたり、自由な旅人コナツさんが人生の岐路に立たされたり、新たなエピソードも盛りだくさん。 しかし、最大の事件は、巻末に待っていた。 詳細には触れないが、これで「れんげ荘」シリーズ第4弾の発売が確定した。 早く続きが読みたいものだ。 2017年04月15日 19:33• 感想を書いて頂きありがとうございます。 今回もやっぱり、ほっと落ち着ける作品でしたね。 キョウコとは一回り以上年下の私でも、共感の嵐でした。 次回作が本当待ち遠しいですね。 2009年、2013年、2017年と刊行されてきたので、 単純計算で次は2021年・・・東京五輪も終わった後ですかね。 Tao• 2017年04月16日 05:51• >Nさん コメントありがとうございます。 Nさんのコメントで知って、図書館に登録したら、思いのほか早く順番が回ってきました。 今ならかなり待ちそうです。 Nさんに感謝感謝です。 ラストがあれだったので、4年もあけられるとしんどいですね。 来週にでも出してほしいぐらいで。 6割主夫• 2017年05月23日 21:57• こんにちは。 遅まきながらワタクシも本日図書館にて読ませていただきました。 キョウコの葛藤、ワタクシも何となくわかります。 人はどうしても世間や周りを気にしてしまうもの。 けどそういうキョウコをきちんと説得できるクマガイさんはまさに人生を達観している人です。 それにしても群さんのセミリタイア観、本当に凄いの一言に尽きます。 この本の感想を明日にでも記事にしてみようと思います。 それにしてもあのラストは衝撃です。 続きはどうなるのでしょうか?• Tao• 2017年05月24日 00:53• >6割主夫さん コメントありがとうございます。 クマガイさんいいですよねー。 さとってるし、服もくれるし。 今作では彼女の人生の軌跡も垣間見えて、ますますファンになりました。 キョウコもいいけど、私のイチオシはクマガイさんかも! しかし、まさかこうやって数年ごとに続きを読ませてくれるとは、思ってもみませんでした。 確かに、早期リタイアの行く末は、ちゃんと書き続けてくれないと心配になっちゃいますからね。

次の