香典 金額 書き方 三 千 円。 香典で9千円を出すのはいけないの?香典の金額について解説!|終活ねっと

千円単位の書き方!1000千円などの表記は?読み方のコツも解説 [一般事務で働く・転職する] All About

香典 金額 書き方 三 千 円

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香典袋の金額の書き方 親族や知人が亡くなると、香典を持って葬儀場や自宅にうかがうことになるでしょう。 うかがう前に不祝儀の用意をしておかなければいけませんが、袋にどう記入すべきかがわからないとお困りの方もいるかもしれません。 ここでは香典袋に記入する金額の書き方について解説します。 金額の書き方にもマナーがあります。 相手に失礼にならないよう、マナーに沿った書き方を覚えておきましょう。 数字は旧字体の漢数字で書く 金額は 旧字体の漢数字で書きます。 日常的に使われる漢数字の「一」や「二」は線を一本加えるだけで違う漢字に変わってしまいます。 中に入れている金額と異なる漢数字にさせないために、画数の多い旧字体での記入が一般的です。 一は「壱」、「二」は「弐」となります。 「万円」は「萬円」と記入しましょう。 以下に、そのほかの旧字体の例をご紹介します。 横書きの場合は算用数字などで書いてもよい 袋によっては金額の欄が設けられています。 横書きの欄であれば、算用数字(アラビア数字)で書いても問題ありません。 金額の欄が 縦書きであれば、先ほど紹介した旧字体の漢数字で金額を記入しましょう。 横書きの場合は「1」「2」などの算用数字でもいいのですが、縦書き同様旧字体の漢数字を用いても構いません。 算用数字が気になる場合は、旧時代の漢数字で記入しましょう。 金額の欄が縦か横かによって記入する文字の種類が異なるため、不祝儀袋の購入前にどちらであるかを確認しておくとよいでしょう。 金額の最後に「也」はつけなくてもよい 金額の最後に「也」と書く方もいます。 「也」はつけてもつけなくてもどちらでも構いません。 「也」とは「~円ちょうど」という意味があります。 「円」より金額が小さい「銭」という単位があった時代に使われていましたが、「円」のみになった現在は不要だとされています。 昔からの慣習であることから、「也」をつけることがマナーだと考える方もいらっしゃいます。 特に気にならないのであればつける必要はありませんが、「相手に失礼になるのでは……」と不安に思う方は金額の最後に記入しておきましょう。 香典袋の書くときのペン 金額の記入には 薄墨の筆ペンや毛筆を使いましょう。 薄墨には 「涙で墨が薄まる」という意味があります。 弔事のときは薄墨での記入がマナーとなっているため、記入時は 墨の色にも注意しておきましょう。 外包みへの記入は毛筆や筆ペンがマナーとなっていますが、 中袋への記入は黒いサインペンでも構いません。 外包みと内袋の両方を毛筆や筆ペンで書いてもよいですし、毛筆が書きにくいのであれば中袋のみサインペンを使用しましょう。 香典袋の金額を書く場所 香典袋を実際に手に取ったことがある方はご存知かもしれませんが、袋には空白部分が多くあります。 どこに金額を記入すべきなのか、外包みと中袋のどちらに書けばいいのかと迷ってしまうこともあるでしょう。 ここでは金額を記入する場所について詳しくご紹介します。 種類によって記入する場所が異なるため、間違えないよう注意しましょう。 外包みには氏名を記入するため、中袋の表に袋に入れた金額を書いておきましょう。 旧字体の漢数字で書いた金額の前に 「金」という文字を記入します。 一万円を包むのであれば「金壱萬円」、五万円であれば「金伍萬円」となります。 「也」をつける場合は「円」の後に書いておきましょう。 中袋なしの場合はのし袋の裏側に書く 中袋がついていないのし袋の場合は、 のし袋の裏側に金額を記入します。 香典袋にはいくつかの種類があり、外包み+中袋のものもあれば、のし袋のみのものもあります。 中袋がついているのであれば中袋の表に金額を記入しておきます。 のし袋裏側の左下に、住所や金額を書きましょう。 住所の横に金額を記入しますので、住所を左に詰め過ぎないよう注意が必要です。 金額の書き方は前述したように「金壱萬円」「金壱萬円也」などです。 香典袋の表書き上段の書き方 のし袋には中央に水引があり、上段と下段にわかれています。 上段には「御霊前」「玉串料」など表書きの記入が必要です。 これは相手の宗派によって異なるため、宗派別の言葉を知っておくとよいでしょう。 ここではのし袋上段の表書きの書き方について詳しく解説していきます。 仏式や仏教の場合 故人が仏式・仏教であれば以下の表書きを記入します。 ・御霊前 ・御弔料 ・御香華料 「人は亡くなってから四十九日法要が終わるまではこの世に御霊として残る」という考えから、仏教では「御霊前」が広く使われています。 ただし、 浄土真宗の方が亡くなった場合は「御仏前」を用いましょう。 浄土真宗では死去してすぐ天に召されて仏になるという考えから、御霊前では失礼になってしまうためです。 神道式の場合 亡くなった方が神道式だった場合は以下を記入します。 ・御神前 ・御榊料 ・御玉串料 いずれかの言葉を書きましょう。 弔事用の袋にはさまざまな種類がありますが、神道式の方への不祝儀袋は 蓮の花がついていない袋を用います。 水引の色は黒白、または双銀のものを選びましょう。 水引は、同じことが繰り返されないようにという意味合いをもつ結び切りのものが適しています。 キリスト教式の場合 キリスト教式はプロテスタント・カトリックの2つの宗派に分かれており、どちらの宗派かによって表書きが異なります。 まずはプロテスタントからご紹介します。 ・弔慰料 ・御花料 次にカトリックをご紹介します。 ・御花料 ・御ミサ料 「御霊前」とプリントされている不祝儀袋はカトリックであれば使うことができます。 プロテスタントでは御霊を異教徒が崇拝しているものと考えられているため、 「御霊前」は使えません。 宗教や宗派を確認できなかった場合 葬儀までに相手の宗派を確認できなかった場合は、 「御霊前」と書いた不祝儀袋を持参しましょう。 訃報を受け取ったときに確認できればよいのですが、ときと場合によっては確認できないこともあります。 「御霊前」は多くの宗派にも共通する表書きであることから、相手に対して失礼にあたるリスクを減らせます。 しかしキリスト教式のプロテスタントではタブーとされているため、教会で葬儀が行われる場合は 「御花料」と記入することをおすすめします。 香典袋の表書き下段の書き方 香典袋上段の書き方の知識を身につけたら、次は下段の書き方を覚えていきましょう。 下段には香典を渡す本人の名前を記入します。 ときには、連名で用意することもあるでしょう。 ここでは表書き下段の書き方について詳しくご紹介していきます。 フルネームで書くのが基本 香典を渡す人の フルネームの記入が一般的です。 のし袋下の中央に薄墨で書いておきましょう。 会社の人間として葬儀に参列する場合は、 社名・役職名・名前を記入します。 中央より少し右側に社名、その左に役職名、中央に氏名を書きます。 結婚などで苗字が変わっている場合も、基本的には新しい姓を記入します。 しかし故人との関係によっては、旧姓を書いたほうが「自分が誰であるのか」わかりやすい人もいるかもしれません。 旧姓を書く場合は、 新しい苗字に加えて左側に旧姓をカッコづけで書いておきましょう。 中袋つきの香典袋を使う場合は、中袋に現在の氏名と旧姓を記入してもよいでしょう。 代理で香典を渡す場合の名前は依頼主を書く 代理で葬儀に参列する場合は、 依頼主のフルネームを記入します。 会社関係であれば、のし袋下の 中央より右側に社名、その左に役職名、中央に依頼した人のフルネームを書きます。 夫の代理で妻が参列する場合も、のし袋中央下には依頼主である夫のフルネームを記入します。 夫の名前の左下に(内)とつけ加えておきましょう。 これで妻が代わりに参列したことが先方に伝わります。 連名で名前を書くとき 2人以上の複数人で香典を出す場合は、人数によって書き方が異なります。 全員の名前を書くのは、一般的に3人までです。 夫妻の場合、中央に一人の名前をフルネームで書き、その左にもう一人の下の名前のみを記載します。 3人から渡すときは最も目上の人の氏名を中央に、左に2人の氏名を書きます。 一番左側に最も目下の人の名前がくるようにしましょう。 4人以上の場合は最も目上の人の氏名を中央に、左下に 「外一同」と書いておきましょう。 「外一同」では誰が用意してくれたかがわからないため、白紙に香典を用意した人の氏名を書き、それを袋に同封しておきましょう。 香典袋のお金の入れ方も注意が必要 ご祝儀に準備するお札のマナーがあるように、弔事のときにもマナーがあります。 お金の入れ方で注意すべき点もあり、適当に入れてしまうと相手に失礼になってしまいます。 ここでは弔事のときのお札のマナーと入れ方について詳しく解説します。 香典で新札は入れない 弔事のときは新札を入れないようにしておきましょう。 お祝いごとのときは新札を入れることがマナーとなっていますが、弔事のときに新札を入れると失礼になります。 不幸を予測してあらかじめ新札を用意していた、ととらえられるという考えがあるからです。 最近では新札でも気にしないという方も増えていますが、香典のために新札をあえて用意する必要はありません。 手元に新札しかないという場合は、 一度折り目を付けてから袋に入れるとよいでしょう。 お札の向きは裏向きに揃える お札を入れるときは、 お札の裏が袋の表にくるよう揃えましょう。 入れ方については諸説あり、地域によって考え方が異なるといわれています。 人物が袋の表にきたほうがいいと考える方もいれば、お札の裏が袋の表に来たほうがいいという方もいます。 故人の遺族がどういった考え方かを事前に知ることは難しいため、迷ったときは最低限お札の向きをすべて揃えるようにしましょう。 1枚だけいれるのであれば気にしなくてもよいのですが、 数枚入れるときはすべてを同じ向きにすることをおすすめします。 中袋なしの場合は直接入れる 中袋がない場合は、のし袋に直接お札を入れましょう。 のし袋の種類はさまざまで、中袋がついているものもあれば、ついていないものもあります。 ついていないものを購入したとしても、わざわざ中袋を用意する必要はありません。 中袋がないからといって失礼にはあたりません。 代わりの封筒を用意せずそのままお金を入れるとよいでしょう。 お金を入れるときは入れ方とマナーには注意しましょう。 まとめ 突然の訃報を受け取ったときは慌ててしまいますが、どれだけ忙しくても香典の準備は怠らないようにしましょう。 お札の入れ方などを注意するだけでなく、外包みと中袋に何を書くべきかを理解しておくことをおすすめします。 葬儀についてのマナーは日常生活とは異なることも多く、疑問に感じることも多々あるでしょう。 葬儀について疑問に感じることが出てきた場合、葬儀のプロである「」にお気軽にお問い合わせください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

香典 お金の入れ方】5000円・3000円・一万円・中袋ない・向き・ふくさ・新札

香典 金額 書き方 三 千 円

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 3000円の香典の金額の書き方について詳しく解説していきましょう。 縦書きの場合と横書きの場合に分けてご紹介いたします。 縦書きの場合 香典の金額は 香典袋の中袋に縦書きで書くのが一般的です。 まずは、縦書きでの3000円の書き方について見ていきましょう。 3000円の色々な書き方 金額は、香典返しの中袋に縦書きで書くのが一般的です。 旧字体(大字)の漢数字を使用します。 普通に漢数字で書くと「三千円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は色々な書き方があります。 参阡円・ 参仟円・ 参阡圓・ 参仟圓どの書き方でも問題はありません。 中袋に書く際には金額の前に 金とつけ 金参阡円と書いてください。 金額の後に 也(なり)は付けても付けなくても構いません。 円の色々な書き方について 上でご紹介したように、「円」にも色々な書き方が存在します。 円と書いても 圓と書いても、どちらでも間違いではありません。 横書きの場合 香典袋の中には、 中袋に横書きで金額欄が設けられている場合があります。 そのような場合は、 横書きで書くようにします。 金額を書く際には 算用数字・ アラビア数字を使用し 金3,000円と書けばOKです。 横書きの場合も、金額のあとの 也(なり)は付けても付けなくても大丈夫です。 その他の金額の書き方について 3000円以外の金額を包むケースもあるかと思います。 そのような場合に備えて、 3000円以外の金額についても、それぞれ書き方をご紹介しておきましょう。 5000円 漢数字で書くと「五千円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は 伍阡円・ 伍仟円・ 伍阡圓・ 伍仟圓となり、こちらも色々な書き方があります。 どの書き方をしても大丈夫です。 香典袋の中袋に書く際には金額の前に「金」と入れ 金伍阡円と書きます。 1万円 漢数字で書くと「一万円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は 壱萬円・ 壱萬圓となります。 「円」は「圓」と書いても良いです。 香典袋の中袋には 金壱萬円(または金壱萬圓)と書きます。 10万円 漢数字で書くと「十万円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は 壱拾萬円・ 壱拾萬圓となります。 こちらも香典袋の中袋には 金壱拾萬円(または壱拾萬圓)と書きます。 香典袋の書き方について• 3人までの連名の場合 目上の人の名前が真ん中にくるように書き、その左隣から順番に名前を書いていきます。 上下関係がない場合には、五十音順に書くのが良いでしょう。 4人以上の連名の場合 4人以上で香典を出す場合には「〇〇一同」と書くようにします。 それぞれの名前は別紙に書き、中袋に入れるようにしましょう。 中袋に書くもの 香典袋には中袋と呼ばれる封筒がセットになっている場合が多いです。 中袋には、 香典の金額と 住所・ 名前を書きます。 ご遺族が香典返しをする際に参考とするものですので、必ず記入するようにしましょう。 金額 香典として包んだ金額を 中袋の表面に記入します。 金額を書く際には 縦書きにするのが一般的で、 旧字体(太字)の漢数字を用いて金額を書きます。 先にご紹介したように、3000円の場合は「金参仟圓」と記入します。 香典袋によっては、金額を記入する欄が印刷されている物もあります。 そのようなケースでは、横書きで算用数字を用いて金額を記入してください。 住所・名前 中袋の裏面には、香典を包んだ人の住所と名前を記入します。 こちらも基本的には 縦書きで書きます。 郵便番号や番地、建物名や部屋番号まで正確に書くのがマナーです。 文字色について 香典袋に文字を書く場合は、 薄墨で書くのがマナーです。 薄墨で書く理由として、昔は筆に墨を浸して文字を書いていましたが、薄墨は水分が多いためその見た目が「涙で薄くなったように見えたため」ではないかと言われています。 また、故人の訃報を聞き、墨をする時間も得られない間に急いでお通夜に駆けつけたという意味も薄墨で書くというマナーに込められています。 以下の記事では、香典は薄墨で書く理由につてい詳しく解説しております。 注意点についてもご紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。 次に、 香典のマナーについてご紹介します。 香典袋の選び方、お札の入れ方、香典の渡し方にはそれぞれマナーがあります。 順番に見ていきましょう。 香典袋の選び方とは? 香典袋には様々な種類があり、故人の宗教によって香典袋のデザインや表書きが異なります。 故人の宗教がわからない場合には、どの宗教でも使用可能な 無地で「御霊前」と書かれている香典袋を選びます。 蓮の花が描かれている物は仏教用、 十字架が描かれている物はキリスト教用となります。 また、包む金額が多い少ないでも使い分けるのがマナーです。 包む金額が多い場合には、 外側から水引をかけるタイプの立派な香典袋を使用します。 包む金額が少ない場合には、 水引が印刷されているものを選ぶのが良いでしょう。 以下の記事では、香典袋の選び方について詳しくご紹介しております。 こちらも合わせてご覧ください。 香典のお札の入れ方とは? 香典は不祝儀であるため、 新札を入れるのは避けるようにします。 新札を入れてしまうと「不幸を予測して用意しておいた」という意味になり、ご遺族に対して失礼に当たる場合があるからです。 お札を入れる向きにも気を配りましょう。 特別なルールがあるわけではありませんが、香典袋の 中袋を開けたときに、お札の表(人物の顔)が上になるように入れるのが良いでしょう。 お札の上下に関しては、 人物の顔が下になるように入れます。 また、金額やお札の枚数にもマナーがあり、「4」や「9」は「死」や「苦しみ」を連想させることから避けた方が良い数字です。 割り切ることのできる偶数も「故人とこの世の縁を切ってしまう」ということで、避けた方が良い数字とされています。 また、連名で香典を集めた場合などは、千円札が数枚になるケースもあるかと思います。 もしも5枚や10枚と言った数の場合は、千円札のまま包むのではなく、 5千円札や1万円札に両替をして包むようにしましょう。 以下の記事では、香典袋へのお札の入れ方について詳しく解説しております。 こちらも合わせてご覧ください。 香典の渡し方について 香典を渡すタイミングは、お通夜と葬儀どちらか一方にだけ参列する場合は、参列したその時にお渡しするのが良いでしょう。 お通夜と葬儀どちらにも参列する場合に関しては、渡すタイミングはその地域の風習に従うのが良いとされていますが、最近の傾向としては お通夜の席でお渡しするケースが多いようです。 香典は 袱紗に包んで持参するのがマナーとされています。 受付では一礼し「この度はご愁傷様でございます」と一言添えるようにします。 香典は必ず 袱紗から取り出してから渡すようにしましょう。 取り出した香典は、相手の方から見て表書きが正面を向くように渡してください。 渡す際には「御霊前にお供えください」と一言添えると丁寧でいいでしょう。 以下の記事では、香典の渡し方や注意点について詳しく解説しております。 こちらも合わせてご覧ください。 香典の金額は香典袋の中袋に縦書きで書くのが一般的で「金〇〇〇円」と書く。 香典の金額は旧字体の漢数字で書く。 3000円は「参阡円」「参仟円」「参阡圓」「参仟圓」というように色々な書き方があるが、どの書き方でもOK。 中袋に書く際には金額の前に「金」とつけ「金参阡円」と書く。 金額の後に「也(なり)」は付けても付けなくても構わない。 「円」にも2つの書き方がある。 「円」と書いても「圓」と書いても、どちらでも間違いではない。 5000円を旧字体の漢数字で書く場合は「伍阡円」「伍仟円」「伍阡圓」「伍仟圓」となり、こちらも色々な書き方がある。 1万円を旧字体の漢数字で書く場合は「壱萬円」「壱萬圓」となる。 10万円を旧字体の漢数字で書く場合は「壱拾萬円」「壱拾萬圓」となる。 香典袋の外袋の表面の上部中央には表書きを書く。 表書きは宗教により異なるが「御霊前」はどの宗教でも使用が可能。 香典袋の外袋の表面の下部中央(水引の下)には、香典を出す人の名前をフルネームで書く。 連名の場合は、目上の人の名前が水引の下にくるように書き、その左隣から順番に名前を書く。 上下関係がない場合には、五十音順に書くのが良い。 中袋に表面には金額を書き、裏面には住所と名前を書くのがマナー。 ご遺族が香典返しをする際に参考にするため、郵便番号や番地、建物名や部屋番号まで正確に書くようにする。 香典袋に書く文字は薄墨で書くようにする。 連名で香典を包む場合は、中袋の全ての人の住所と名前、包んだ金額を書くのは困難なため、別紙にそれぞれの住所と名前、包んだ金額を記入して中袋に同封する。 香典袋には様々な種類があり、宗教の違いや包む金額によって使い分けるのがマナー。 無地で「御霊前」と書かれた香典袋はどの宗教でも使用可能。 包む金額が多い場合には、外から水引をかける立派な香典袋を使用し、包む金額が少ない場合には、水引が印刷されたものを使用するのが良い。 香典は不祝儀であるため、新札を入れるのは避けるようにする。 新札を入れてしまうと「不幸を予測して用意しておいた」という意味になり、ご遺族に対して失礼に当たる場合があるからである。 お札を入れる向きに特別なルールがあるわけではないが、中袋を開けたときにお札の表(人物の顔)が上になるように入れるのが良い。 「4」や「9」は「死」や「苦しみ」を連想させることから避けた方が良い数字。 割り切ることのできる偶数も「故人とこの世の縁を切ってしまう」ということで、避けた方が良い。 連名で香典を集めた場合、千円札が数枚にななるケースもあるが、千円札のまま包むのではなく、5千円札や1万円札に両替をして包むのが良い。 お通夜と葬儀どちらにも参列する場合、香典を渡すタイミングはその地域の風習に従うのが良いとされているが、最近の傾向としてはお通夜の席でお渡しするケースが多い。 香典は袱紗に包んで持参するのがマナー。 香典を包む際の参考になれば幸いです。 「終活ねっと」ではこの他にも、香典に関する記事を多数ご用意しております。 以下の記事では、香典の金額相場について詳しく解説しております。 こちらも合わせてご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

香典金額の書き方 5千円の場合はどう書くのが正解?

香典 金額 書き方 三 千 円

香典の金額の書き方で3千円ってどう書くのだっけ? と悩むことはありませんか。 葬儀なんて滅多に出る機会がないし、たまに必要があって香典を包もうとしたら、3千円とか5千円という文字をどう書けば良いのか、すっかり忘れてしまうのですよね。 で、何故悩むかというと、 ・算用数字と漢数字どちらを使うべきか ・漢数字を使う場合、難しい旧字体を使う気がするけど覚えていない というようなことがあるのですよね。 それに、縦書きで統一してくれればよいのに、香典袋を見ると、表書きは縦書きなのに、裏側だけ何故か横書きになっている袋も多いので、余計に迷ってしまうのですよね。 今回は、香典の金額に関する書き方について、最後の「也」を付けるべきか等のことも含めてお話しします。 【縦書き】 金参阡円 または 金参阡圓、金参千円 【横書き】 金3,000円 と書くのが一般的です。 では、なぜそうなのかを細かくお話ししますね。 香典の書き方 縦書きについて 上記のように、縦書きの場合に金額を旧漢字で書く根拠としては、戸籍法や民法等の法律文書があり、金額の書き換えや改ざんを防ぐことが主目的だったようです。 この記事を読む人は故意に改ざんするようなことが無いのだと思いますが、実際問題として、過去にあったようですし、参列する側としては「万が一のことが無いよう配慮して旧漢字で書く」というのが慣習とされているのです。 ということで、次の数字を丸暗記する必要はありませんが、「こういう書き方なのか!」と頭の隅に入れておくと後々役に立ちますよ。 香典の書き方 横書きについて 昔の日本語は縦書きが正式だったので、当然、香典袋も全て縦書きでした。 だから上記のように書けば良かったのですが、戦後になり横書きのものも多くなってから、市販の香典袋にも丁寧に横書き用の「住所、氏名、金額」記入欄が印刷されるようになってきたのですよね。 そこで、多くの人が、漢数字で書くべきか、算用数字で書くべきか悩むことになっています。 でも実は、この横書き形式はこの数十年で出てきたものなので、マナーとしては「これが正しい」という絶対的な解答は見当たらないようで、人によって見解が分かれているのです。 「横書きの場合でも、算用数字ではなく、漢数字で書くものである」と考えている人もいますが、どちらかというと、横書きの場合には、普通に算用数字で書くものだと考えている人が多いです。 この算用数字による書き方の根拠としては、様々な法律文書に記載されていますが、例えば の、の中で、16ページ(全33ページ)に、左横書きの場合の方法が記載されています。 ポイントは以下の2点です。 ・特別な場合を除いてアラビア文字(算用数字)で書く ・3桁毎にカンマで区切る ですから、この場合は、次のように金額を記入することになります。 スポンサーリンク 香典の金額の書き方で 也 は付けなくて大丈夫なの? 金額を書く際には、上記のように、縦書き、横書きどちらの場合でも最初に「金」をつけます。 これは、「¥」マークと同様に改ざん防止の意味ですね。 また、昔はよく、「金拾萬圓也」というように、最後に「也」をつけていたのですが、今はあまり付けないですね。 「也」をつけると、「~円ちょうどで、円未満の端数がありません」という意味だったのですが、現在では円未満の金額が存在しないため、つけなくて問題ありません。 また、10万円以上の場合だけ「也」をつける、というような説や、不祝儀の場合にはつけない、というような説など様々ですので、これを考えていくと、つけない方が無難ということになりますよね。

次の