クラミジア 感染 症 と は。 性器クラミジア感染症

クラミジア感染の原因で男性と女性の場合!性交渉以外のものも

クラミジア 感染 症 と は

自覚症状のないままクラミジア感染が進行すると、何年も経ってからトラブルが起きてくるかもしれません クラミジア感染症は10~20代前半の女性を中心に増えてきている性感染症。 女性の性感染症の中では、HPV感染を除くと最も多く、20代前半の感染者数は性交経験のある人の5~10人に1人と予測されています。 自覚症状がほとんどないために、妊婦健診で検査をしてみて初めて感染に気づくというケースも少なくありません。 クラミジアによる卵管炎は不妊症の原因となるため、若い頃の感染が将来弊害をもたらすこともあります。 また、クラミジアに感染していると、HIVへの感染率が3~5倍に増えるといわれています。 <目次>• クラミジア感染症の原因・感染部位・感染経路 急激に感染者が増加したクラミジア クラミジア感染症の原因は、クラミジアトラコマティスという細菌。 性交渉によって尿道や子宮頚管、喉の奥にクラミジアが感染します。 咽頭感染のように喉への感染もあるため、性器同士の接触がなくても感染する場合があります。 なお、プールや大衆浴場など、性行為以外の場で感染することはありません。 クラミジア感染症の症状……自覚症状が出にくく無症状のことも 男性、女性ともに、感染してもほとんど自覚症状がないのが特徴。 そのため、感染に気づかず、パートナーが変わるごとに次々に感染を拡げてしまう危険性があります。 女性に比べて、男性は症状が現れやすい傾向にあります。 尿道や膀胱に菌が入ると、頻尿や排尿痛などの膀胱炎症状を引き起こします。 炎症がお腹の中まで拡がると、腹痛・発熱などの症状が出る場合もあります。 時には炎症が肝臓の周囲まで拡がってしまうことがあり、その場合は右側の肋骨の下の辺りに痛みが出るため、内科の病気と間違われる可能性もあります。 クラミジアによる炎症が卵管に拡がると「卵管炎」を引き起こし、卵管閉塞の原因となります。 卵管閉塞になると、将来卵管性不妊や子宮外妊娠のリスクが高くなります。 30代の女性で子宮外妊娠のために緊急手術を行ったら、お腹の中はクラミジア感染を疑う癒着があり、卵管は周囲とくっついてしまっていたというケースもありました。 本人が自覚がないままクラミジア感染が進行してしまうと、何年も経ってからこのようなトラブルが起きてくることもあります。 クラミジア感染症の検査法……性器感染・咽頭感染の診断法 男性は尿を使うか尿道の細胞を擦り取って検査します。 女性は子宮頚管の分泌物を拭い取って検査します。 男女ともに、咽頭感染が疑わしい時は、喉の奥を直接こすって検査をするか、うがい液を検査に出します。 血液検査では、抗体検査により「抗体」を調べることもできますが、一度でも感染したことがあれば「陽性」になるため、過去の感染を含めて感染の有無を判定する場合に用います。 クラミジア感染症の治療方法……抗生物質服薬か点滴で治療 男女ともにクラミジアに有効な抗生物質を1~7日間飲みます。 炎症がひどくて腹痛や発熱がある場合は、点滴による治療が必要になることもあります。 治療後に再度検査を行い、結果が「陰性」になっていることを確認できれば「完治した」といえます。 パートナーがいる場合は、相手も同時に治療することが重要です。 どちらか片方しか治療を行わなかった場合、一度治っても、治療後に性交渉を行えば未治療のパートナーから再度感染することになり、いつまでも完治できません。 治療後の検査で再度「陽性」が出た場合は、抗生物質の種類を変えて結果が「陰性」になるまで治療を行います。 非常に感染力が強いクラミジア感染症の予防法 コンドームを、毎回初めから正しく使うことが最も有効な予防法。 咽頭感染もあるため、オーラルセックスの時もコンドームを使用するのが理想です。 また、パートナーが変わったら、そのたびに定期的な検査を行って、早期発見を心がけることも大事です。 クラミジアは非常に感染力が強く、1回の性交渉でも感染する確率が高いので、一度だけと油断せず、妊娠を目指す時以外は必ずコンドームを使うようにしましょう。 【関連記事】• 更新日:2019年06月28日.

次の

クラミジアに感染した?女性の症状がわかる

クラミジア 感染 症 と は

クラミジア感染の原因とは? クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという細菌に感染することで発症する病気で、この細菌は人の体の中でしか生存できないという特徴があります。 そして、クラミジアの基本的な感染経路は「粘膜同士の直接接触以外ない」という特徴もあり、次のような行為が感染原因とされています。 ・ クラミジア感染者とのセックス ・ クラミジア感染者とのアナルセックス ・ クラミジア感染者とのオーラルセックス ・ クラミジアが付着した手や指で、性器やまぶたなどの粘膜に触れる このほか、クラミジアは喉にも感染することがあるので、感染者とのディープキスなど粘膜同士が接触することでも感染することがあるそうです。 それから、性行為でクラミジアに感染する場合は、例え1回の性行為でも感染に至ることがあり、原因や感染経路は男女ともに上記の通りになりますが、男性の場合は尿道に感染し、女性は膣の内側や子宮頸管など体の内部に感染するという違いがあります。 感染率は? クラミジアに関して男女の違いには、その感染率もあり、女性の患者数は男性の2倍以上にも上るそうです。 そして、感染者の割合では、20代の女性が患者全体の6割を占め、15~19歳の患者数も非常に多いので、厚生省でも不妊へつながる恐れを回避するためにも、クラミジア検査の受診を積極的に呼びかけているそうです。 性交渉以外の感染もある?原因不明は?潜伏期間も 身に覚えがなく、原因不明の状態でクラミジアに感染することがあるようですが、これは厳密に言えば原因不明ではなく、元々体内にずっとクラミジア菌が残っていて、パートナーに移してしまい、それがまた戻ってきたという場合もあるそうです。 さらに、抗体検査を行っても潜伏期間中である場合は、結果が偽陰性になってしまうため感染していなかったと判断して、知らないうちに感染を広げてしまうことがあるのです。 ただし、条件としては前述の通り「粘膜同士の直接接触以外ない」というのがありますので、ストレスなどに起因してクラミジアに感染することはありません。 ただ、妊娠中にクラミジアに感染していると流産や早産のリスクが高まる上に、子宮頸管炎などの症状を起こすこともあります。 さらに、妊娠後期にクラミジアに感染していると胎児感染のリスクがあるのですが、これは出産時に赤ちゃんが産道を通り抜ける際に、クラミジアに感染してしまう恐れがあるからだとされています。 そのため、妊娠をすると初期にクラミジア検査を勧められるので、できるだけ早く受診して治療を行うようにしましょう。 不妊との関係は? 女性の場合は男性と違って、尿道ではなく子宮頸管や膣の内部に感染するため、そこからさらに卵管の方まで菌が侵入し、炎症を起こすことがあります。 そして、炎症によって臓器や組織同士がくっつく「癒着」ということが起こり、卵管が変形したり塞がったり、排卵後の卵子を取り込めなくなったりといったように、不妊の原因へとつながってしまうのです。 しかも、女性の不妊の原因で一番に多いものが卵管の問題とされていますが、その8割はクラミジア感染によるものだという学説もあるそうで、非常にクラミジアと不妊は密接な関係にあることが分かります。 そして、子宮外妊娠の原因にもなりますし、クラミジアに限らず、性感染症に感染していると、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染の確率を高め子宮頸がんのリスクも5倍近くになるとされているので、十分な注意が必要になりますね。 スポンサーリンク 男性の場合、クラミジアが原因でどんな病気にかかる? 女性の場合は不妊との関係などについてリスクが高いことをお伝えしましたが、男性の場合はクラミジアが原因で起こる病気は比較的軽度で済むようです。 そして、比較的初期から現れるのは尿道炎で、クラミジアの菌が尿道から精管、精巣上体へと進むと精巣上体炎を引き起こし、陰嚢(いんのう)が腫れたり熱を持つなどの症状が現れ、徐々に足の付け根や下腹部に痛みを感じるようになるそうです。 それから、男性の場合も両方の陰嚢で炎症が起きると、不妊症に繋がる恐れもあるので十分注意しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、クラミジア感染の原因で男性と女性の場合、また、性交渉以外のものについても詳しくお伝えしました。 クラミジア感染は、原因の細菌に粘膜同士の直接接触によって感染し、その経路としては性交渉以外にも感染者の細菌がついた手が目などの粘膜に触れることでも感染し、男性よりも女性の方が倍多く、20代女性の感染率は女性患者全体の6割も占めるとのことでした。 そして、感染から3週間ほどで発症するのですが、半数以上の患者に自覚症状がないため、知らないうちに感染することもあり、原因不明と感じるのはこのせいなのでした。 さらに女性の場合は、妊娠中に感染すると不妊や将来的な重篤な病気の原因となったり、胎児へも悪影響を及ぼすことが多いので、早めに検査を行い安全を守るようにしましょう。

次の

クラミジアに感染した?女性の症状がわかる

クラミジア 感染 症 と は

原因 と呼ばれる微生物を原因として引き起こされます。 具体的には、クラミジアニューモニエ(Chlamydia pneumoniae)とクラミジアトラコマチス(Chlamydia trachomatis)が挙げられます。 クラミジアニューモニエは、この病原体に感染した人の気道に存在しています。 そのため、咳をきっかけに飛沫として周囲環境へばらまかれてしまい、それを体内に取り込むことで感染(飛沫感染)が成立します。 一方、クラミジアトラコマチスは性感染症を引き起こす病原体です。 通常、クラミジアトラコマチスは成人にを起こすことはないですが、赤ちゃんが感染すると肺炎を起こす危険性が高まります。 赤ちゃんへの感染は、クラミジアトラコマチスが膣周辺に感染した状況でし、経膣分娩で赤ちゃんを出産する際に起こります。 検査・診断 の存在を確認するために、胸部単純レントゲン写真、肺CT検査などの画像検査は必須です。 また、が肺炎の原因であることを特定するための検査も同時に検討されます。 クラミジアニューモニエやクラミジアトラコマチスなどの病原体に感染すると、人の体内ではそれを排除するための免疫反応が引き起こされ抗体が産生されます。 この抗体を血液検査にて測定することで病原体に対して感染したかどうかを判定することがあります。 一回の検査のみでは判断がつかないこともあるため、複数回血液検査を行うことがあります。 また、クラミジアはクラミジア特有の遺伝子配列を有しています。 こうしたクラミジア特有の遺伝子を確認することで、病原体の存在を証明することもあります。 具体的には、咽頭拭い液や痰などを使用して、PCR法と呼ばれる遺伝子検査を行います。 そのほかにも、直接的にクラミジアの培養を行い、病原体の存在を確認することもあります。

次の